どのような症状なのか | 白内障目薬ならCAN-C!症状の進行を抑えて改善しよう

どのような症状なのか

「どのような症状なのか」のイメージピクチャです。

目の病気には代表的なものから恐ろしい症状があるものまで、実に様々なものがあり、その中でも白内障はかなり厄介な病気です。
そのためとても有名な病気になっているのですが、皆さんは白内障という病気自体、どこまで詳しく知っていますか?
白内障は目が白く濁って視力が落ちてしまう病気という風にしか認識していない人も中にはいるのではないでしょうか。

白内障は一度かかってしまうと、皆さんがよく知っているように目の水晶体が白く濁って視力が低下してしまいます。
これによって歩くことが難しくなってしまい、よく物にぶつかったり、階段などの段差に躓いてしまいやすくなったりしてしまいます。
初期の白内障であれば、支障なく歩くことができるのですが、症状が進行してくると視力を完全に失ってしまうこともあり、短期間で急速に目が見えなくなってしまうこともあります。

白内障には老化が原因の加齢性白内障だけでなく、生まれつき水晶体が濁ってしまっている先天的なものから、外傷や病気が原因で引き起こされる後天的なものもあります。
つまり、白内障になってしまった犬の中には糖尿病などの代謝性疾患を患っている可能性もあり、実は白内障は恐ろしい病気が隠されている場合もあるのです。
一緒に暮らしているペットがある日突然白内障になったときはCAN-Cのような白内障目薬を使うだけでなく、一度かかりつけの獣医師に健康診断してもらうことをオススメします。
また、遺伝的な原因で引き起こされる若年性白内障もあるので、まだ若いペットを飼っている人も、もしものときに備えて白内障の改善効果があるCAN-Cを手元に置いておきましょう。