どのような効果と成分か | 白内障目薬ならCAN-C!症状の進行を抑えて改善しよう

どのような効果と成分か

「どのような効果と成分か」のイメージピクチャです。

加齢性のものだけでなく、後天的なものから遺伝が原因による若年性のものまで、様々な原因によって白内障は引き起こされます。
年を取っているペットはもちろん、まだ若いペットもある日突然かかってしまう可能性がある白内障は、既に触れているように点眼薬での治療か手術での治療が主になります。
手術は視力が完全に失われてしまってからも受けることができる治療ですが、網膜の萎縮が起きている場合は白内障の手術をしても視力が戻ることはないので注意が必要です。
点眼薬での治療を選ぶときも、手術での治療を選ぶときも、まずは網膜の状態について詳しい検査をしてもらってからにすることをオススメします。

白内障は水晶体が濁ることで視力を失ってしまうため、この濁りを改善することができれば白内障の症状も改善できるということになりますよね。
白内障目薬として有名なCAN-CにはNアセテルカルノシンという成分が含まれており、水晶体の濁りを効果的に改善してくれます。
実際に白内障の犬にCAN-Cを使用して行った臨床試験では多くの犬に白内障の改善効果が見られ、水晶体の濁りも改善されて昔のような状態に戻ったという声もあります。
白内障目薬なんて本当に効果があるのかわからないと思っている人も、これなら安心してCAN-Cを使うことができるのではないでしょうか。
副作用も少なく、安心して使用することができるCAN-Cで白内障を改善し、昔のようにペットと遊べる日々を手にしましょう!